関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

コンセプト

Concept

Conceptコンセプト

長く美しい歯で美味しく食べられ、快適に生活していただけるように

日本人のお口の中は先進国の中で最も劣悪であると言われています。

そのような状態を作り出す原因としては、『歯なんて1本なくなったって大丈夫』『被せた歯は病気にならない』『治療が終わったら痛くならなければ大丈夫』などといった間違った認識のもと生じていると思います。

当医院では長く美しい歯で美味しく食べられ、快適に生活していただけるように以下の点を重要視しております。

  • 適切な情報提供
  • 高水準の治療
  • 徹底した予防管理

適切な情報提供・十分なコミュニケーション

  • 適切な情報提供・十分なコミュニケーション

    お口の中を健康に維持するためには、正しい情報お伝えし、少しでも『歯の価値』を見出していただくことが重要だと考えております。

    まずは『しっかり治そう・歯ブラシ頑張ろう』といった意識改革をしていただきたいと思っております。

    永久歯は一度失ったら再び生えてくることがありませんし、あの時しっかり治療しておけばよかったと後悔しても手遅れになっていることも多いのが現状です。
    適切な情報をご理解いいただけていることは、『後悔しない治療の選択』や『治療後のメンテナンス・セルフケアへのモチベーション』に繋がってくると考えております。

高水準の治療

  • 高水準の治療

    日本では保険制度によりほとんどの治療が安価で受けられるメリットがありますが、その分、治療方法の選択肢の幅が狭くなったり、使用できる材料が限定されていたりするため、世界基準で行われている治療と比べると大きな差が出てしまうのが現状と考えております。高水準の治療とは、世界基準の治療(自費治療)を質高く行うこととなります。

    勿論、保険診療でも質高く治療が行えるよう最善を尽くしますが、御希望の方には将来お口の中を健康で綺麗に維持するために自費治療による高水準の治療を受けていただくことをご提案いたします。

    医療とは最新であるからといって、決して全てが良い治療とは限らないと場合があります。したがって、当医院では常に世界基準の治療に目を向けた上で、伝統的なものや最新のものの中から良いとされる治療を皆様に受けていただけるよう努力してまいります。

徹底した予防管理

  • 徹底した予防管理

    治療終了後、お口の中をなるべく終了時と変わらない状態で維持するには、徹底した予防管理が重要です。お口の中の疾患の多くは『silent disease』といって痛みを伴わず進行します。
    治療が終了してまた痛くなってからでは口腔内は良好に保てません。

    当院の予防管理は患者様の歯周病検査・プラークの付着状況・X線診査はもちろん唾液検査(任意)・口腔内写真撮影を行いデータとして保存し、それぞれの患者様にあった予防処置・指導を行ってまいります。

    また定期的に検査を行い以前のデータと比較することで、万が一、問題が起こったとしても早期発見・早期治療につなげることが可能となります。

pagetop