関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

一般歯科

General dentistry

General dentistryむし歯

むし歯の原因

むし歯

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解します。これがむし歯の原因です。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かしてむし歯を作ります。

歯みがきをしていなかったり、甘いものをたくさん食べているのにむし歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質
歯質は一人一人異なり、むし歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
キシリトールやフッ化物には、むし歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去しましょう。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症し腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

Denture入れ歯

入れ歯とは

入れ歯

歯を失った場合、その欠損部を補う方法として義歯(入れ歯)・ブリッジ・インプラント治療があります。その中でも、ご年配の方に最もポピュラーな治療法が入れ歯です。 入れ歯は、残っている歯の状態・本数・位置、顎堤(歯が欠損した歯肉の部分)の状態、咬み合う歯の位置・状態、粘膜の厚み・現在使用している入れ歯の状態など様々なことを考慮する必要があります。

部分入れ歯では鉤歯と呼ばれるバネのかかる歯が、入れ歯の動揺により揺さぶられ抜歯を余儀無くされるケースが少なくありません。
また総入れ歯では顎堤が高度に吸収し安定が損なわれているケースも多く見受けられます。

当医院では適切な診査・診断を行った上で、残った歯の治療(歯周治療・虫歯治療)・咬み合わせの治療を行い、その後入れ歯の作製を行ってまいります。

良い入れ歯は、正確な診査と設計そして技工技術が大切です。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、部分入れ歯であれば見た目が不自然であったり、安定性に欠けることによる鉤歯へのダメージ、装着時に違和感があることです。

総入れ歯であれば安定性に欠けることによる痛みの出やすさ・脱落などが起きやすくなることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。
デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

しっかり噛める入れ歯の製作

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になることが最大のデメリットです。メリットは時間をかけてじっくりと義歯の作製ができることです。それが結果的に精度の高い義歯を作製することが可能となり、見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

当医院の保険外診療の入れ歯では、快適に義歯をお使いいただくために患者様にとって適切と思われる治療法を様々な治療オプションの中から提示しいたします。
治療法が決定したのち、入れ歯の作製に対して保険治療では使用できない材料・装置等を使用して精度の高い義歯を作製してまいります。

ゴールド床入れ歯
ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

アタッチメントデンチャー

残っている歯に特殊な連結装置を組み込んだ冠を被せ、入れ歯の方にもう一方の連結装置を組み込んで、カチっとはめ込むことで入れ歯の安定を向上させます。歯の根だけを残すことになりますので、顎堤の吸収を抑えることもメリットの一つです。
アタッチメントにはいくつか種類があるので、最適な装置を選択していきます。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯とインプラントを併用した入れ歯になります。特に奥歯がない状態の部分入れ歯や顎堤が吸収してしまった入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)などでは、安定が損なわれることが多くなります。その際にインプラントを使用することで入れ歯の安定を向上させます。そのことが結果的に入れ歯(部分入れ歯の場合)のバネがかかる歯の負担も軽減することができます。また使用本数によっては、なるべくバネを使用せず審美性に優れた義歯を作製することも可能です。

pagetop