関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

インプラント

Implant

Implantインプラント


インプラントとは

インプラント

インプラント治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。インプラント治療は、なくなった歯が一本の場合から、すべてなくなった場合まで有効です。

インプラントのメリット

違和感が少ないインプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ心地を実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができることも大きなメリットです。

そうすることでご自身の歯の保全が可能となり、高齢になってもしっかりと咬めるお口の中の状態を作り上げることができるのです。

当医院では患者様にとって安全で、インプラントを使用し長く快適に生活していただくためにCT画像・シュミレーションソフトによる精密なデータをもとにお口の中でバランスよく咬むことができるよう診査・診断を行い、最適な治療計画・手術術式を立案いたします。

当医院の清掃性・機能性・審美性を考えたインプラント治療

インプラントを長く使用するためにはお口の中に調和した状態でインプラントの被せ物が入らなくてはなりません。

そこで重要なことは被せ物の位置に対して最適なインプラントの埋入位置を決める必要があります。そのようなことを考慮いたしますとインプラントを埋入したい場所に骨の厚みや高さが無い場合が多く存在いたします。

当院ではそのような場合、骨造成(骨様の組織を作る処置)を行い、被せ物にとってベストな位置に埋入するようにしております。

そうすることで結果的に清掃性・機能性・審美性に優れたインプラント治療つながると考えております。ただし、シンプルなインプラント治療に比べて外科的に負担が増えるということも考えられますので、患者様の年齢・全身状態・ご要望等を考慮し、他の治療オプションなどで対応することを治療計画に含めることもございます。

インプラントでお悩み・分からないことがございましたら、一度当院にお問い合わせください。

安全に手術を行うためのサージカルガイドの使用

インプラント

サージカルガイドとは、コンピューターシュミレーションにより最適と考えられる位置を診査し、その位置にインプラントを正確に埋入するためのツールとなります。

それにより血管や神経に傷をつけてしまうリスクを格段に減らすことが可能となり、患者様に安全に手術を受けていただけます。

インプラントの長期安定のために

インプラントは天然の歯と同様メンテナンス・セルフケアがとても重要となります。毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と同様、定期的なメンテナンスが必要です。

他の治療法との違い

インプラント インプラント
治療法

インプラントとは、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ
治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まり長期予後に不安が出る
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
  • ・バネがかかる歯に負担が大きくかかるため長期予後に不安が出る
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い
pagetop