関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

予防歯科

Preventive dentistry

Preventive dentistry予防歯科

予防歯科とは

予防歯科

歯に何か問題が起きてから歯医者に行くという考え方では、歯を失う道を選んでいると言っても過言ではありません。

予防歯科とは、何か問題が起きてから治療するのではなく『痛くなる前に予防にする事で歯を守る』という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアの両方が大切です。

毎日一生懸命歯を磨いているのに、むし歯になったり歯茎が腫れたりするといったような経験はありませんか?セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことが出来ません。歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査、ブラッシング指導などを受け、むし歯や歯周病にならない健康なお口を維持していきましょう。

定期検診(メンテナンス)

むし歯も歯周病も細菌感染症であると同時に、治療を終えても生活習慣を改善しなければ再発しやすい生活習慣病の一つです。という事は、高血圧症や糖尿病と同じようにむし歯も歯周病も予防出来る病気なのです。
予防の為に当院では、2~6ヶ月での間でその方のお口の状態に合わせて期間を決め定期検診を勧めています。

生活から見直す虫歯リスク管理が出来ます
サリバテスト(唾液検査)

サリバテスト(唾液検査)

なぜ虫歯になるのかご存知ですか?
歯を磨かなかったから?甘いものばかり食べていたから?
これらはどちらも正解ですが、これらだけが原因ではありません。虫歯の原因には他に、唾液の量や質、食事習慣、更に虫歯にさせる細菌が大きく関わってきます。

サリバテストとは、一人ひとりそれぞれがこういった原因のうちどの原因が当てはまり、どの様に改善していけば今後虫歯のリスクを減らしていけるのかを検査する方法です。

サリバテストでは
  • 唾液の量
  • 唾液緩衝能(お口の中のphを正常に戻す働き)
  • ミュータンス菌(虫歯のきっかけを作る菌)の数
  • ラクトバチラス菌(虫歯を進行させる菌) の数
  • 食事内容や習慣 などを検査します。

また、この検査ではただ単に数値化するのではなく培養した細菌(コロニー)や検査結果をまとめたグラフを直接見て頂くことで、ご自身の虫歯リスクを理解し予防していく大切なツールです。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

お口の中の細菌を調べましょう!

お口の中には500~700種類の細菌が生息していると言われています。
その細菌が虫歯や歯周病を引き起こすことで歯は失われてしまいます。
当医院では『位相差顕微鏡』を使用することで、お口の中の細菌の種類や量を定期的に観察することをおすすめいたします。

歯周病を引き起こす細菌は、歯周病治療を行なったとしても『ゼロ』にすることはできません。
ただし、極力数を減らすことで歯周病の進行を抑制したり、再発を少なくすることにつながると考えております。

位相差顕微鏡とは、お口の中の細菌を確認できる特殊な顕微鏡のことです。この位相差顕微鏡で歯周病の原因菌が特定できます。
歯周病は歯石やプラークの中に含まれる細菌によって引き起こされますが、口の中に住んでいる細菌は数百種類、歯周病に関連している菌は数十種類と言われています。 そのため、歯周病と一言で言っても、患者さんによって原因となっている細菌の種類は異なります。
原因となっている細菌がわかることで、その人にあった治療方法や歯周病の進行リスクがわかるようになります。

位相差顕微鏡検査を行うメリット

  • ①プラークが単なる磨き残しや食べかすではなく、細菌の塊であることが理解できます。
  • ②若年者の場合は、細菌を確認しておりくとで将来に歯周病になるリスクが予測できます。
    若年者に限らず、幼児から青年期の方も、継続してメンテナンスしていくことの大切さが理解できます。
    結果的に、歯周病、虫歯を予防することにつながります。
  • ③菌叢を経時的に比較することにより、お口の中の菌叢の変化を知ることができます。
    継続したメンテナンスの重要性を確認できます。
メンテナンスの内容
口腔内検査

患者様ご自身が気になる部位だけでなく、むし歯が出来ていないか、歯茎が腫れていないか、口腔粘膜に異変はないかなどチェックしていきます。

レントゲン撮影

自覚症状が無い場合でも必要に応じて1~2年に一度レントゲン撮影を行うことをお勧めしています。このレントゲン撮影での最大のメリットは目で見るだけでは確認出来ない、歯を支えている骨や、顎関節、歯の根っこの状態などを正確に把握出来るようにし、症状が出るより早く病変を発見出来ることです。

当院では身体への負担が少なくなるよう、被ばく量の少ないデジタル歯科用CT・レントゲンを導入しておりますのでご安心下さい。

口腔内写真

お口の現状の把握や記録、治療前後の比較や説明の為にお口の中の写真をカメラで撮影します。普段なかなかご自身の口腔内をきちんと見る機会は少ないと思いますが、メンテナンスを重ね、徐々にセルフケアも上達するとどれだけお口の状態が変わるのか、写真で比べると患者様ご自身でもはっきりとご自覚出来てモチベーションアップにも繋がります。

歯周ポケット検査

プローブという器具を用いて、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)の深さを調べる検査のことです。毎回記録し、以前と比較する事で歯周病の兆候を見逃さないようにしています。

ブラッシング指導

『歯磨きしているのにむし歯になってしまう』一つの原因として、ご自身にあったブラッシングが行われていないことにあります。

染色液でどれだけ汚れが残っているのか、残っている部位はどこなのかチェックする事でその方の磨き方の癖がわかってきます。

ブラッシング指導はお子様だけが受けるものではありません。大人の方もご自身の磨き方の癖や苦手部位、それらを克服する方法がきちんとわからず今まで通りの磨き方を繰り返していては、また同じようにむし歯になり歯を削らなければならなくなるのです。むし歯を繰り返さない為にも、正しいブラッシング方法を身に付けご自身にあったセルフケアを続けましょう。

スケーリング(歯石取り)

主に『超音波スケーラー』や『シックルスケーラー』という器具を用いて、むし歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や、歯ブラシでは取れなくなった歯石を除去して行きます。

歯石とは歯面に付着したプラークに唾液中のリンやカルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しています。表面が粗造になっており、更にプラークが付着しやすい構造をしている為、定期的に除去する事でむし歯や歯周病の予防が出来るのです。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

通常の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯の表面についているバイオフィルムという細菌の膜を専門の器具を使って除去する事で、歯のエナメル質へのカルシウム補給を促し、再石灰化を促進させむし歯の予防になります。

また、浅い歯周ポケット内(1~3mm)のバイオフィルムも除去出来るので、歯茎の状態を改善し歯周病予防にも繋がります。

PMTCを行う事で、歯の表面もツルツルになり本来の白さが蘇るだけでなく、暫くの間は汚れも付きにくくなり口臭の予防にも役立ちます。

ワンランク上の歯のクリーニング

エアフロ―

エアフローにて歯の表面に付着したバイオフィルムを短時間で除去していきますので、歯磨きでは難しい部分のプラークを綺麗に磨き上げ痛みなく汚れを取り除くことができます。また使用後は、汚れの再付着も防いでくれます。
通常のものとは格段に違う洗浄力と爽快感です。

このような人にオススメです

  • ①口臭が気になる
  • ②着色が気になる
  • ③歯周治療が終わった方
  • ④矯正治療中の方
  • ⑤被せ物やブリッジ・インプラントで治療した方
  • ⑥若々しい自然な歯の色を維持したい方
フッ素塗布

フッ素には「歯の再石灰化を助ける」「歯質を強くする」「むし歯菌の活動を抑制する」といった効果があります。これらの効果は定期的にフッ素を取り入れる事で高まりますので、ご家庭でのセルフケアにフッ素配合の歯磨き粉やジェルなどの使用をお勧めしております。

また当院ではPMTCの際にもフッ素入りのペーストを用いておりますが、むし歯のリスクの高い方やお子様に関しては、メンテナンス終了後に高濃度のフッ素塗布を行うこともあります。

pagetop