関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

ブログ

Blog

親知らずを抜いてからの注意点7つ①

 

関口デンタルオフィスです。
本日は親知らずを抜いてからの注意点についてお話しします。

 

1:直後の圧迫止血について

親知らずを抜いてから30分間ほど、強くガーゼを噛んで圧迫止血を行います。
30分後にガーゼを取ってもまだ血が出ているのであれば、もう一度ガーゼを噛んで様子を見ます。ただし涎に多少の血が混ざるくらいの場合は、それで完了として構いません。

その後も血が出続ける際は、歯医者に連絡して相談してください。

 

2:麻酔が抜けるまでの対応は?

麻酔が抜けるまでは刺激物や熱い飲食物を避けましょう。
麻酔で感覚が消えていますから、いつの間にか火傷を負ったり、舌や頬を噛んだりする恐れがあります。

麻酔がきちんと抜け、口内の感覚が回復したら食事をして構いません。

 

3:歯を抜いてから2~3日間は強いうがいをしない

・抜歯から2~3日間は強いうがいをしない
・食べ物が挟まっても指や舌で取ろうとしない

歯を抜いた場所を不必要に触ると、きちんと治っていかず、ドライソケット(歯を抜いた場所の骨に細菌感染が起きたり、骨が露出したままになったりすること)に陥るかもしれません。

抜歯して凹んだ箇所でも、普通は血がゼリーのように凝固して、そこで細胞や血管が回復して、だんだん治っていくものです。
ですが抜歯したところに血がしっかりと留まらなかったり、凝固した血液が剥がれたりすると、骨の表面がさらけ出されて感染が発生して、ドライソケットになる恐れがあるのです。

ドライソケットに陥ると歯を抜いてから10~15日ほど痛みが継続します。抗生物質や鎮痛剤を使って安静にしていれば、だんだん回復していく可能性が高いものの、それでも苦しい思いをすることに変わりはありません。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

さいたま市北区にある歯医者・歯科
『関口デンタルオフィス』
埼玉県さいたま市北区宮原町4丁目134−24
TEL:048-652-1182