関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

ブログ

Blog

親知らずを抜いてからの注意点7つ②

 

関口デンタルオフィスです。

本日は親知らずを抜いてからの注意点についてお話しします。

 

4:歯を抜いてから7日間は抜いた場所のブラッシングをしない

 

ただし、その他の場所は普段通りにブラッシングしてください。

口内の清潔をキープすることが重要です。

 

5:過度な運動、長風呂、アルコールを避ける

 

血行が活発になると、腫れや痛みのリスクが上がります。

 

6:処方された薬は全部使う

 

抗生物質などの薬は絶対に飲んでください。

たとえ途中で痛みが消えたとしても、「感染を防止する」という意味合いがあるからです。

 

飲むことをやめると、抗生物質が効きにくい耐性菌ができたり、回復が遅くなったりする恐れもあります。

 

7:患部を過剰に冷やさない

 

冷やしすぎると血行が悪くなって、逆効果になるかもしれません。

ですから保冷剤を直に当てたり、凍らせたタオルを使ったりするのはおすすめしません。

 

冷えピタや適度に冷たいタオルを使うくらいに留めましょう。

 

■歯を抜いてからの腫れや痛みに関して

 

親知らずを抜いてから、腫れたり痛んだりする場合もあります。

特に歯茎に深く埋没していたのであれば、強い腫れや痛みが生じるかもしれません。

 

鎮痛剤の効果はすぐに出るわけではありませんから、痛みが発生してからではなく、麻酔が効いているうちに使っておくことをおすすめします。

 

そして腫れや痛みなどに関して心配なことがあれば、抜歯を行った歯科医院に相談することを強くおすすめします。

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

さいたま市北区にある歯医者・歯科

『関口デンタルオフィス』

埼玉県さいたま市北区宮原町4丁目134−24

TEL:048-652-1182