関口デンタルオフィス関口デンタルオフィス

関口デンタルオフィス

ブログ

Blog

【DA】月に一度の大掃除!

こんにちは! DAの石井です(^^)/ もうすぐ9月も終わり…やっと過ごしやすい気温になってきましたね☀️ しかし、季節の変わり目で体調崩しやすいので、皆さま体調には十分お気をつけてください💦   さて、タイトルにある通り 先週月に一度の大掃除を行いました(^^)/✨ 毎日の掃除はもちろんですが、月に一度の大掃除ではレントゲンの機...

喫煙と歯周病の関係!

こんにちは!院長の関口です。 遂に待ちに待ったラグビーW杯が始まりました!大学時代にはラグビーを6年間しておりましたので日本で開催されることが楽しみで仕方ありませんでした😄始まる前は盛り上がるのか心配していましたが、視聴率も好評のようですしラグビーファンにとっては嬉しい限りです。ぜひ日本代表には勝ち進んでいただいてさらにラグビーを盛り上げてもらいたいですね! さて今月はタバコと喫煙...

【DA】Dr.やDHって何の略?

初めまして! DAの石井です(^^♪ 最近はお天気いいですが暑い日が続いていますね…💦 皆さん体調の方はいかがでしょうか?   さて、早速ですが皆さんDAとはなんの略かわかりますか? 今日は歯科の略称についてお話したいと思います(^^)/   Dr=Doctor(ドクター):歯科医師 DH=Dental Hygienist(デンタルハイジニスト):歯科衛生士 D...

日本人の歯は後進国レベル!!その3(皆さん気になる治療費の話)

こんにちは!院長の関口です。 今月の内容は治療費についてお話ししたいと思います。(皆様の最も気になる点といってもいいのではないでしょうか?) 正直申しまして私自身、日頃からこのような治療費の話を患者様にするのは非常にしづらい部分でもあります。 なぜかと申しますと、日本では自由診療=歯医者の金儲け・高いというイメージが根強くあるからです。 ただこの点に関して誤解されていることにより、お口の中の健康を...

日本人の歯は後進国レベル!その2

こんにちわ!院長の関口です。 いよいよ東京オリンピックが開催されるまで1年を切りました! 職業柄、テレビを見ていてもついつい口元をチェックしてしまう癖が強い私ですが、 下の写真を見てとても残念に思いました。(安倍総理!歯の色や銀歯・歯並びが…😫) 実は私たちの業界では安倍総理の口元が正直後進国レベルであることは有名です。 トランプ大統領もおそらく多くの歯を治療している...

日本人のお口の中は後進国レベル!!

こんにちは。院長の関口です。 今月は日本と他の先進国とのお口の中の違いについて少しお話ししたいと思います。 先日このようなテーマでテレビ放送されているのを目にしました! テレビでは外国人の方のインタビューで『日本人は口が臭いから電車に乗りたくない😰』などといった日本人の口臭が気になっている方が非常に多いということを言っていました。(来年オリンピックなのに・・・) 実際にパナソニック...

簡単に歯は抜かない!根の治療と再生療法で吸収してしまった骨を再生!!

こんにちは!院長の関口です。 今月は歯の周りの骨が溶けてしまった場合に行う処置の一例をお話ししていきたいと思います。 歯の周りの骨が溶ける病気には 1:歯周病 2:根の病気 3:歯周病と根の病気の併発 4:歯の破折 などが一般的に挙げられます。 その中で検査を行い、適切な診断を行なっていくことになるのですが、1から3番目の病気の鑑別が非常に難しい場合があります。 今回は3番目の歯周病と根の病気の併...

骨が少ない場合のインプラント治療とは(上顎:サイナスリフト編)

こんにちわ!院長の関口です。 今月はインプラント治療についてお話ししたいと思います。 インプラント治療とは歯を失った部位に他の歯を傷つけることなく、天然歯に近い状態で噛めるようにできる優れた治療一つで、歯を失った部分の骨に人工のチタンでできたインプラント(ネジのようなもの)を埋入する治療のことを指します。 そのため埋入したい場所に骨がない場合はインプラント治療を断念するか、あるいは骨造成といって...

米国式精密根管治療で再治療をできる限りなくす!

こんにちわ!院長の関口です。 今月は歯の根の治療(根管治療)についてお話ししたいと思います。 歯には一本一本神経(歯髄)が通っていて、歯の根の治療とはその神経を除去(抜髄)したり、あるいは除去した神経のお部屋が再び細菌よって感染した場合に行う処置(感染根管治療)のことを言います。 根管治療は元来治療が複雑なために成功率が低いとされておりましたが、現在では治療の方法(米国式精密根管治療)によっては...

歯がなくなった部位に自家歯牙移植!

こんにちは!院長の関口です。 今月はどうしても歯を抜かなくてはならない場合に、抜いた場所をどうするのかについての治療オプションについてお話ししたいと思います。 皆様は自家歯牙移植はご存知でしょうか? 通常一本欠損部位に対しては ブリッジ・部分入れ歯・インプラントが一般的(詳細は当医院の治療案内のインプラントに記載してございます)です。 が、ここでもしお口の中に親知らずが残っていたらその歯を使おう!...
1 2
pagetop